Box Editエラー- Unable to Save: An error occurred while saving ____ to Box (Boxへの____の保存中にエラーが発生しました)

 コンピュータを起動すると、Box Editでドキュメントの保存が試行され、Box Editのエラーメッセージ「Unable to Save: An error occurred while saving ____ to Box (保存できません。Boxへの____の保存中にエラーが発生しました)」が表示されます。ドキュメントのコピーがデスクトップに保存されています。現在の変更内容が失われないように、[名前を付けて保存]を使用して、開いているドキュメントに加えた変更を保存してください。

 

環境

Box Editを使用しているWindowsコンピュータ
 

解決手順

  1. Boxウェブアプリケーションで、エラーが発生したファイルが最新バージョンで、最新の更新が適用されていることを確認します。
    1. バージョンを確認するには、ファイルをプレビューするか、フォルダインターフェイスで更新日をチェックします。
  2. C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Box\Box Edit\Documents\ に移動し、Box Editで保存が試行されたファイルの一時バージョンを探します。一般には、「~$」で始まるMS Officeの一時ファイルです。
    1. ローカルアプリケーションデータフォルダに移動するには、スタートメニューを開き、「%localappdata%」と入力します。Enterキーを押すと、このフォルダが表示されます。
  3. C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Box\Box Edit\Documents\ で、対象のファイルの一時ファイルを削除します。 

上記の手順で問題を解決できなかった場合は、 Boxユーザーサービスにケースを送信し、Box Editログを提供してください。Boxユーザーサービスが問題の調査を引き継ぎます。

 

根本原因

Box Editからファイルを開くと、そのファイルの一時バージョンがローカルハードドライブに作成されます。ファイルを保存して閉じたときに、一時バージョンは削除されるようになっています。しかし、削除されないこともあり、Boxへの保存がこの一時ファイルによって妨げられます。Boxに保存されているファイルのバージョンが最新であることを確認し、一時ファイルをコンピュータから削除すれば、保存が試行されなくなり、問題が解決します。
 
英語版はこちら
ID: 46994
バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎04-17-2018 04:41 PM
更新者:
Anonymous
 
ラベル(4)
寄稿者: