Box Sync 4.0 でサブフォルダを同期する方法

Box Sync 4.0 のサブフォルダ同期機能では、Box 内のサブフォルダごとに同期する、しないを選択できます。 

 

前提条件とガイドライン

    • Sync 4.0 がデスクトップクライアントにインストール済みであること。こちらのインストール手順を参照してください。
    • Box ウェブサイトと Box Sync 4.0 にすでにログインしていること。ウェブアプリケーションのサブフォルダを同期するオプションは、Box Sync 4.0 クライアントにログイン後、そのアカウントに対してのみ表示されます。 
    • Box ウェブサイトからフォルダ・サブフォルダ・ファイルの同期や解除を行うこと。

 

サブフォルダ同期機能の使用

    1. Box ウェブアプリケーションにて、まだ同期されていないディレクトリを見つけます。
    2. ウェブアプリケーションにて、フォルダを右クリックしてフォルダをコンピュータと同期する]を選択します。コンピュータの Box Sync ディレクトリで対応する同期ステータスを確認します。
    3. フォルダ内にて、単一のサブフォルダのみを同期したい場合、他のフォルダの同期を解除します。
    4. 同期済み] > [非同期]の順に選択し、[このフォルダの同期を無効にする]ポップアップで、[フォルダの同期解除]をクリックします。

 

サブフォルダ同期の種類とシナリオ

サブフォルダの同期機能では、Box のウェブサイトのツリー構造がコンピュータ上に維持されます。構造によっては、同期するフォルダの親階層を同期することもできます。

 

Box では、Box ウェブサイトからコンピュータと、コンピュータから Box ウェブサイトの 2 方向の同期がサポートされます。

    • ウェブサイトで選択したサブフォルダをコンピュータに同期できます。
    • ローカル環境でファイルを親フォルダにドラッグアンドドロップするだけで、Box ウェブサイトとの同期が自動的に実行され、コンピュータの親フォルダ内のすべてのファイルを同期することもできます。

 

以下のシナリオで、Box ウェブサイトの同期ファイルとコンピュータ内の同期ファイルがどのように対応付けされるかを説明します。

 

 

シナリオ 1

このシナリオでは、Folder A と Subfolder 3 内のファイルが同期され、Subfolder 1 と 2 は同期されません。
Box ウェブサイト内のツリー構造は次のとおりとします。

  • Folder A
    • File 1
    • File 2
    • Subfolder 1
    • Subfolder 2
    • Subfolder 3
  • File 3
  • File 4

Subfolder 3 をコンピュータに同期します。以下の構造がコンピュータに同期されます。

  • Folder A
    • File 1
    • File 2
    • Subfolder 3
  • File 3
  • File 4

 

シナリオ 2

このシナリオでは、ハードドライブの階層全体が同期されます。Box ウェブサイト内のツリー構造は次のとおりとします。

  • ルートフォルダ
    • サブフォルダは 1 つのみ

 

サブフォルダのみをコンピュータに同期します。

  • ルートフォルダ
    • サブフォルダは 1 つのみ

 

サブフォルダの同期機能が便利なのは、複数のサブフォルダを持つフォルダを同期し、そのフォルダの一部の項目のみを同期する場合です。サブフォルダを同期しないと、親フォルダが一部だけ同期されます(「Some items synced (一部同期済み) と表示されます」)。

 

サブフォルダに同期マークが付かない場合、これにより混乱が生じる可能性があります。この詳細については、「新しいサブフォルダがデスクトップと同期されないのはなぜですか?」を参照してください。

 

一部同期のみの親フォルダ内で作成したサブフォルダは、デフォルトでは同期されません。デフォルトでは、Box の同じディレクトリに作成された新しいフォルダに同期マークが付きません。 

 

英語版はこちら

ID: 116

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎01-11-2016 03:02 PM
更新者:
 
ラベル(1)