Box Sync を使用して他の Box ファイルにリンクする方法

一般的には、Box Sync を使用している場合、ユーザーごとに自分の Box Sync フォルダへのパスが異なっています(例:C:\Users\<username>\Box Sync)。そのため、絶対パスを使用した他のドキュメントへのリンクが含まれたファイルには、他のコラボレータがアクセスすることができません。例えば、財務部で複雑な Excel ワークブックを使用している場合があります。そのワークブックでは、他のワークブックを参照しており、Excel では V:\Finance\Excel1\Excel2 を参照する形で、他の Excel ファイルのフルパスを検索しています。そのため、他のコラボレータにとってはリンクが破損した状態になります。

 

この問題を回避するには、以下の解決方法を参考にしてください。

 

Box Sync での解決方法

Excel ファイルでコラボレーションするすべてのユーザーが、自分の Box Sync フォルダに対して同じパス(例:C:\Box Sync)を使用するようにします。このようにすると、そのコンテンツでコラボレーションするすべてのユーザーに対して、すべてのリンク参照が正しく解決されます。

 

この解決方法で対処できるのは、Box Sync を使用して Excel ファイルにアクセスするユーザーだけです。Box Edit を使用しているか、Box ウェブアプリケーションからファイルをダウンロードするユーザーには、この解決方法が使用できません。

 

この回避策が期待どおり機能するためには、各コラボレータが同じローカルフォルダのドライブ文字を使用する必要があり、その場所を変更しないように注意する必要があります。

 

リンク付きスプレッドシートのセットアップ方法

    1. Box Sync 4.0 をインストールします。すでに Sync 4.0 をインストールし、ログイン済みで、カスタマイズをしていない場合は、Sync をアンインストールしてからインストールし直し、その場所を変更する必要があります(「Box Sync 4.0 をインストールまたはアンインストールする方法」を参照してください)。
    2. Box Sync 4.0 に初めてログインする前に、すべてのユーザーがアクセスできる同期フォルダを指定する必要があります(C: ドライブをお勧めします)。同期フォルダの場所を指定するには、「Box Sync フォルダの場所をユーザー側で選択できますか?」または「管理者側で Box Sync のフォルダのデフォルトの作成場所を変更できますか?」を参照してください。

 

互いにリンクしているスプレッドシートを含むすべてのフォルダを同期します。これで、Box Sync を使用してリンクされているスプレッドシートで、チームとコラボレーションができます。

 

英語版はこちら

ID: 124

バージョン履歴
改訂番号
4/4
最終更新:
‎06-29-2016 11:23 AM
更新者:
 
ラベル(1)