Box Custom Skillsの有効化と設定

この記事では、会社全体でBox Skillsの有効化、メンテナンス、管理を行うためにBox管理者が知っておくべき基本情報を提供します。 
 
管理コンソールを最新バージョンにアップグレードする必要があります。

 

Boxでは、基本スキル(デフォルトで利用できるスキル)とカスタムスキルの両方を提供するために、サードパーティの人工知能テクノロジーと機械学習テクノロジーを活用しています。  Boxがこれらのテクノロジーの保守、機能強化、サポートを行うことはありません。
 

アクセスと権限

企業アカウントでスキルを設定するには、最初に主要管理者としてログインする必要があります。  Box主要管理者になっていない管理者がBox Skillsを管理する必要がある場合は、社内のBox主要管理者に連絡してください。

 

主要管理者がBoxアカウント上で有効化できるスキルには次の2種類があります。

  • 基本スキルの有効化 - 基本スキルはBoxから提供されている事前構築済みのスキルです。基本スキルは3種類あり、現在はプライベートベータ版で提供されています。  これらのスキルを利用するには、基本スキルベータ版にサインアップします。
  • カスタムスキルの有効化 - カスタムスキルは各企業が自社のBoxインスタンス向けに作成するスキルです。  詳細については、下記の「関連リンク」セクションに掲載されている開発者向けドキュメントを参照してください。 

カスタムスキルの有効化

カスタムスキルは各企業が自社のBoxインスタンス向けに作成できるスキルです。カスタムスキルは各企業が自社のBoxインスタンス向けに作成するスキルです。カスタムスキルの作成方法については、下記の「関連リンク」セクションに掲載されている開発者向けドキュメントを参照してください。

 

ユーザーに対してカスタムスキルを有効化するには、次の手順に従います。

  1. 管理コンソールを開き、こちらをクリックして[Skills(スキル)]ページを開きます。 メインの[Skills (スキル)]ページが開きます。
    • Box基本スキルベータプログラムに参加している場合は、企業全体ですでに有効化されているBoxスキルのオプションがこのページに表示されます。 
  2. [Add Skill (スキルを追加)]をクリックします。 ダイアログボックスが開きます。
  3. カスタムスキルのAPIキーを入力します。
    • このAPIキーは、カスタムスキルを作成した開発者がBox開発者コンソールから入手できます。詳細については、下記の「関連リンク」セクションを参照してください。
  4. [次へ]をクリックします。 [Select Folders for Whitelist (ホワイトリストに追加するフォルダを選択)]ページが表示されます。
  5. カスタムスキルの適用対象とするフォルダを指定できます。以下の2つのオプションがあります。
    • [All content in your company (社内のすべてのコンテンツ)]を選択するとルートフォルダでスキルが承認され、どのフォルダにアップロードされたファイルに対してもカスタムスキルが適用されます。
    • [Select a whitelist of folders (フォルダのホワイトリストを選択)]を選ぶと、スキルの適用対象とするフォルダを個別に選択できます。
  6. このガイドでは、特定のフォルダでカスタムスキルを有効化する方法について説明します。 [Select a whitelist of folders (フォルダのホワイトリストを選択)]をクリックして、[次へ]をクリックします。  [Select Folders for Whitelist (ホワイトリストに追加するフォルダを選択)]画面が表示されます。
  7. [Select Folders (フォルダを選択)]をクリックします。フォルダを検索するためのウィンドウが開きます。 次の基準でフォルダを検索できます。
    • コンテンツの所有者
    • フォルダ名
  8. 適切なフォルダが見つかったら、フォルダアイコンの右にあるチェックボックスをオンにします。
  9. [選択]をクリックします。選択したフォルダのリストが表示されます。 
    • スキルは、選択したフォルダの下にあるすべてのサブフォルダにも適用されます。
  10. 適切なフォルダをすべて選択したら、[次へ]をクリックします。
  11. [Enable Skill (スキルを有効化)]をクリックします。利用規約ボックスが表示されます。
  12. 利用規約を承認します。 メインの[Skills (スキル)]ページが再び表示され、現在アクティブなスキルの左上に緑色のチェックマークが表示されます。
  13. このページから、どのスキルのプロビジョニングがすでに完了しているかを確認できます。Boxの企業インスタンスごとに有効化できるBoxスキルの数は同時に10個までに制限されています。この数には基本スキルも含まれます。
    • [詳細を表示]をクリックして、各設定の詳細情報を確認することもできます。
    • スキルの適用対象となるフォルダを追加または削除したり、スキルを完全に無効化したりすることができます。 スキルが無効化された後にフォルダへ追加されたファイルにはスキルが適用されなくなります。ただし、スキルによってすでに分析されたファイルのメタデータは維持されます。 フォルダにはいつでもスキルを再適用できますが、スキルが適用される前にフォルダに追加されたコンテンツは分析されません。

 

関連リンク

Box Skillsの概要(管理者向け)

Box Skillsの有効化と設定

Box Custom Skillsの使用

Box SkillsのFAQ

開発者用ドキュメント:

 
英語版はこちら
ID: 59274
バージョン履歴
改訂番号
5/5
最終更新:
‎03-24-2019 03:42 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: