Box Notesでのテキストのフォーマット

テキストの書式を設定するには、画面上部のツールバーを使用します。  Box Notesでの書式設定は、一般的なワードプロセッサアプリでの書式設定と似ています。 

  • 既存のテキストの書式を設定するには、書式を設定したい範囲を選択し、目的の書式設定ツールをクリックします。 
  • 新しいテキストの書式を設定するには、目的の書式設定ツールをクリックしてからテキストの入力を開始します。

ツールのオプションには以下のものがあります。

Toolbar legend.png

  1. フォントサイズ: ドロップダウンリストからサイズを選択します(小、中、大)。
  2. フォントの色: ドロップダウンリストから使用するカラーブロックを選択します。
  3. フォントスタイル: 太字、斜体、下線、または取り消し線を適用します。
    • 太字: 太字スタイルを適用するには、Bアイコンをクリックするか、キーボードショートカット(Windowsの場合はCtrl+B、Macの場合はCmd+B)を使用します。
    • 斜体: Iアイコンをクリックして斜体スタイルを適用するか、キーボードショートカット(Windowsの場合はCtrl+I、Macの場合はCmd+I)を使用します。
    • 下線: Uアイコンをクリックして下線スタイルを適用するか、キーボードショートカット(Windowsの場合はCtrl+U、Macの場合はCmd+U)を使用します。
    • 取り消し線: Strikethrough icon.png取り消し線スタイルを適用するには、アイコンをクリックするか、キーボードショートカット(Windowsの場合はCtrl+Shift+9、Macの場合はCmd+Shift+9)を使用します。
  4. 箇条書きリスト、番号付きリスト、またはチェックリスト: リストの各項目に箇条書き記号(中黒)を追加するには、箇条書きアイコンをクリックします。  リストの各項目に番号を追加するには、番号アイコンをクリックします。  メモにチェックリストを追加するには、チェックリストアイコンをクリックします。  リストのインデントをさらに調整するには、Tabキーを使用します。 
  5. テキストの配置: 矢印をクリックしてオプションを表示し、ノートのテキストを左、中央、または右に揃えて配置します。
  6. 画像の挿入: Box Notesへの画像の挿入を参照してください。
  7. 表の挿入: Box Notesへの表の挿入を参照してください。

 

英語版はこちら

ID: 46195

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎04-17-2019 04:13 PM
更新者:
 
ラベル(4)
寄稿者: