eDiscoveryのためにリーガルホールドの対象とされたコンテンツのエクスポート

 Box Governanceには、「リーガルホールド」という機能があります。これは、エクスポートとレビュー、または削除が許可されるまで、特定のコンテンツを保全する機能です。Boxのリーガルホールド機能は、組織のeDiscoveryプロセスにおいて重要な役割を果たします。  Box Governanceのリーガルホールドに関する詳細(英語)については、こちらを参照してください。


以下の図は、組織のeDiscoveryプロセスにおいてBoxが占める位置を示しています。  Boxでは、リーガルホールド状態のコンテンツのレビューや分析が必要かどうかが組織内で決定されるまで、リーガルホールド状態のすべてのコンテンツが保全されます。  決定が下されると、コンテンツをBoxからエクスポートして、さまざまなツールとプロセスを使用したレビュー、分析、開示を行えるようになります。 

 

eDiscovery process diagram revised.png 

コンテンツに不備があると、組織は法的義務を果たすことができず、重い罰金や刑罰を科される恐れがあるため、エクスポートしたコンテンツが正確かつ完全な状態であることが重要になります。

 

Boxでリーガルホールド状態になっているデータをエクスポートする方法は3つあります。

  1. eDiscoveryパートナー
  2. コンテンツマネージャ
  3. カスタムスクリプト

それぞれの組織でeDiscoveryの要件を確認して理解し、最適なオプションを選択してください。  各方法の詳細と制限事項を以下に説明します。

 

オプション1: eDiscoveryパートナーを利用したコンテンツのエクスポート

Boxがパートナーシップを結んでいるサードパーティ組織を利用して、エクスポートされたデータを分析できます。各パートナーとのシームレスな統合を活用すると、コンテンツを自動でアップロードできます。その後、関連性のモデル化や選別といった組織のeDiscoveryプロセスの残り部分を通じて、それらのコンテンツを管理できます。

 

次の4社のeDiscoveryパートナーから1社を選択してください(2018年6月時点)。

  1. Logikcull
  2. EnCase
  3. Recommind
  4. Zapproved

考慮事項:

  • 必ず、選択したベンダーとの各統合を確認し、統合の動作を理解して、その動作が組織のe-Discovery要件を満たしていることを確認してください。
  • どのパートナーを選択するかにかかわらず、認証にはBox主要管理者アカウントを使用することを強くお勧めします。これにより、環境内のすべてのコンテンツに確実にアクセスできるようになります。

 

オプション2: コンテンツマネージャを使用したコンテンツのエクスポート

組織のBoxアカウントの管理者または共同管理者は、Box管理コンソール内のコンテンツマネージャを使用して、すべてのユーザーのファイルやフォルダにアクセスできます。コンテンツマネージャを使用すると、特定のユーザーを基準にフィルタを適用して、そのユーザーの視点からフォルダ構造を表示できます。その後、そのユーザーのアカウントから必要なコンテンツを抽出できます。その方法を以下に示します。

 

Boxのコンテンツマネージャを使用してコンテンツを抽出するには

  1. [管理コンソール]をクリックします。
  2. [コンテンツ] > [コンテンツブラウザ]に移動します。
  3. リーガルホールド対象のユーザーを検索します。
  4. [次頁]ラベルの隣にあるチェックマークをクリックして、エクスポートするフォルダをすべて選択します。
  5. じじ[ダウンロード]をクリックします。選択されたフォルダ内のファイルがZIPファイルとしてダウンロードされます。

制限事項:

  • この方法は、1回につき1人のユーザーしか対象にできません。
  • コンテンツマネージャを使用すると、選択したフォルダ内のすべてのコンテンツがエクスポートされます。
  • ごみ箱のコンテンツをエクスポートすることはできません(Box APIを使用すれば、ゴミ箱のコンテンツもエクスポートできます)。
  • エクスポートできるのは各ファイルの最新バージョンのみです。
  • ダウンロードには15 GBのサイズ制限があります。

 

オプション3: カスタムスクリプトを使用したコンテンツのエクスポート

Box APIを使用すると、任意の方法でBoxからコンテンツをエクスポートできます。Boxの強力なAPIセットとリーガルホールドに関連するAPIエンドポイントの詳細については、こちら(英語)を参照してください。

 

英語版はこちら

ID: 58595

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2018 03:46 PM
更新者:
 
寄稿者: