Box Governanceでのリーガルホールドの作成

リーガルホールドを設定するには、[管理コンソール] (シールドアイコン)の[セキュリティ]タブに移動し、[リーガルホールド]タブを開きます。右上の[作成]をクリックして開始します。

 

legal holds - 1.png

 

 

    1. まず、リーガルホールドの名前を指定します。この名前は一意にする必要があります。説明は任意です。
    2. 次に、保存するファイルの日付範囲を設定します。
      • 終了日を選択した場合、指定した日付範囲内で作成または変更されたコンテンツのみがホールドされます。
      • 終了日を選択しない場合、ポリシーの有効期間中にカストディアンが操作したすべてのコンテンツがホールドされます。
      • 日付範囲は、一度設定すると編集できません
    3. [次へ]をクリックします。
    4. [カストディアンを追加]画面に進みます。ここで、リーガルホールド対象のユーザーを選択できます。[カストディアンを追加]または右上隅の[追加]をクリックして、ユーザーを追加します。

      リーガルホールド2



    5. [ユーザー名]フィールドに名前を入力し、カストディアンとして追加します。
      • Boxアカウントの現在のユーザーを入力する必要があります。
      • ホールドは、ユーザーのごみ箱内のコンテンツを含む、ユーザーが所有またはアクセス可能な(権限レベルを問いません)すべてのコンテンツに影響します。
      • ホールドされるコンテンツは、ステップ1で選択した日付範囲内で作成または変更されたコンテンツのみです。
    6. カストディアンの追加が終了したら、右上の[保存]をクリックしてリーガルホールドを作成します。ホールドの影響を受けるファイルの数によって異なりますが、リーガルホールドが有効になるまで最大24時間かかる場合があります。ホールド対象のオブジェクト(ファイル、フォルダ、カストディアン)が多いほど、ホールドがアクティブになるまで時間がかかります。
    7. 作成したリーガルホールドは、管理コンソールの[リーガルホールド]タブからいつでも解除できます。

英語版はこちら

ID: 50639

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎04-03-2018 12:49 PM
更新者:
Anonymous
 
寄稿者: