セキュリティ分類

 セキュリティ分類とは、機密性に基づいてファイルを分類し、その機密レベルに関連付けされたセキュリティポリシーを適用できる機能です。この機能を使用することで、企業は機密情報を保護したり、機密情報を扱うユーザーに注意を促したりすることができます。

注: 新しいウェブUI

このページは、新しいウェブUIの説明です。Boxで、1つのファイルまたはフォルダにマウスカーソルを配置します。画面表示が次の画像のようになっていれば、そのままページを読み進めてください。

 

Files and folders should look like this when you hover over them.カーソルを配置すると、ファイルとフォルダは次のように表示されるはずです。

上の画像のように表示されない場合、この機能は利用できません

注: セキュリティ分類は、すべてのBox Governanceのお客様のリクエストに応じて提供されます。自社環境でセキュリティ分類が有効になっているかどうかわからない場合は、Box担当者に問い合わせてください。
  
管理者がセキュリティ分類を有効にしている場合、管理者が作成したカスタム分類レベルを使ってファイルを分類できます。また、特定の分類情報を検索することもできます。
 
 

コンテンツの分類

 ファイルを分類する方法:  
  • 分類したいファイルを選択します。
  • 画面右側のサイドバーで、[分類の追加]をクリックします。
classification - 1
  • ドロップダウンから、適切な分類レベルを選択します。
  • [保存]をクリックして分類を保存します。
管理者の設定によっては、ファイルが分類済みであることが一目でわかるようになっている場合があります。その場合は次のように表示されます。
classification - 2
 

分類されたコンテンツの検索

  • 高度な検索アイコンをクリックします。
  • [メタデータ]タブを選択します。
  • メタデータテンプレートドロップダウンメニューから、[分類]を選択します。
  • 分類ドロップダウンメニューから、適切な[分類レベル]を選択します。
  • 検索アイコンをクリックするか、Enterを選択して検索を実行します。
英語版はこちら
ID: 24129 
バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎03-08-2018 03:00 PM
更新者:
Anonymous
 
寄稿者:
タグ(1)