コンプライアンスメールのアーカイブを実装すると、管理コンソールからアクセスできるようになります([管理コンソール] > [Enterprise設定] > [通知])。 
 
コンプライアンスメールのアーカイブを有効にすると、選択したコミュニケーションのブラインドカーボンコピー(BCC)が指定したメールアドレスに自動送信されます。
 
アーカイブ可能なコミュニケーションには、次のタイプがあります。 
  • コメント: ファイルとフォルダにはコメントと返信が両方含まれます。 
  • メール: Box内のすべてのコラボレータ宛のメールが含まれます。
  • 招待: フォルダと共有リンクでのコラボレーションの招待が含まれます。
  • タスク: タスクの割り当てとタスクに対する応答が含まれます。 

 

メールのアーカイブの場所は、Boxのアクションを実行中のユーザーか、特定のメールアドレスに設定できます。

 

ヒント 特にすべてのBoxアクティビティのアーカイブメールに、会社のメールエイリアスを設定する場合があります。
 
これらの設定に対する変更は、セキュリティレポートでキャプチャされます。  Boxのレポート機能の詳細については、「レポートの実行」を参照してください。