Box DriveとBox Syncの比較

Box SyncとBox Driveは2つの別々のデスクトップアプリケーションです。ユーザーはこれらを使用して、ユーザーのデスクトップ環境からBoxコンテンツにアクセスできます。Box Driveは、最終的にBox Syncとほとんど同じ機能を備える予定ですが、現在のところ、これらのアプリケーションにはいくつかの違いがあり、そのために一方のアプリケーションが他方のアプリケーションよりも適している場合があります。

注: Box SyncとBox Driveの両方を1台のマシンにインストールした場合の既知の問題があります。Box Driveをインストールする前にBox Syncをアンインストールすることをお勧めします。アンインストール手順については、こちらをクリックしてください。

Box Sync

Box Syncを使用して、特定のファイルやフォルダを選択して、Boxとデスクトップの間で同期できます。同期するファイルを選択する必要があります。これを行うと、Box SyncをインストールしてBox Syncにログインしたデスクトップからそのファイルが利用できるようになります。Box Syncを使用すると、同期されたファイルをオフラインアクセスで利用できます。ファイルはローカルマシンに保存されるので、インターネットに接続せずに開いて編集できます(変更は次回接続したときにBoxと同期されます)。

 

Box Drive

Box Driveは、Boxフォルダツリー全体をデスクトップに提供します。Boxでアクセス権があるすべてのファイルに、デスクトップのBoxフォルダからアクセスできます。ただし、Box Driveは現在、オフラインアクセス用のファイルのマーク付けをサポートしていません。この機能は、Box Driveの将来のバージョンで使用可能になりますが、それまでは、インターネットに接続されていないときに特定のファイルにアクセスする必要がある場合は、Box Syncを使用することをお勧めします。

メモ: Box Driveは、ユーザーが開いたことがあるファイルをローカルにキャッシュします。Box Driveのキャッシュサイズ制限は、ディスクの空き容量(利用可能なスペースの50%)を基にしていますが、25 GBという制限があります。この制限に達した場合、最も長い間アクセスされていないファイルが最初に削除されます。さらに、キャッシュされたファイルの新しいバージョンがBox上に作成された場合、Box Driveはローカルにキャッシュされているバージョンを破棄します。

Box SyncとBox Driveの現在の相違点の詳細については、下の図を参照してください。

 

エンドユーザー機能:

  Box Drive Box Sync
Boxアカウントのすべてのコンテンツ(読み取り専用のものを含む)の検索および表示   

Boxフォルダへのコンテンツのアップロード/任意のBoxフォルダのファイルを開く

 
編集のためのコンテンツのロック  
オフラインアクセスのためのコンテンツのマーク付け  
共有リンクの作成および取得
コンピュータ上のBoxフォルダの場所の変更  

管理機能: 

  Box Drive Box Sync
デバイスの管理  
デバイストラスト
Enterprise版
ユーザーの管理者権限を必要としない自動更新

 

仮想デスクトップのサポート:

構成 Box Sync Box Drive
公開済みのアプリ x* x*
リモートデスクトップ x* x*
VDI(Persistent)
VDI (Non-persistent) x

 

*Box SyncとBox Driveはどちらも、(RDS/Terminal Servicesサーバーではなく)クライアントPCで実行されている場合にのみ動作します。コンテンツをBoxに保存するには、RDS/Terminal Servicesサーバーからの、クライアントのドライブマッピングを有効にする必要があります。

 

英語版はこちら

ID: 35829

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎03-09-2018 12:10 PM
更新者:
Anonymous
 
ラベル(6)
寄稿者:

オンラインユーザー数(598)