Box Driveを使用するときの一般的な制限事項

以下に、すべてのデバイスに対するBox Driveの既知の制限事項を示します。

 

  • Box SyncとBox Driveを一台のマシンで同時に実行することはサポートされていません。Box SyncをBox Driveに置き換えることをお勧めします。

    • Box Drive 2.4をインストールすると、オフラインで作業しながらコンテンツを同期できます。また、Box Drive 2.4のインストーラには、Box Syncをアンインストールして同期済みのファイルを削除するアンインストーラも含まれています。

    • 詳細情報: Box SyncのアンインストールとBox Driveのインストールについて
  • 大きなファイルを初めて開くには、時間がかかることがあります。 

  • 特に沢山のファイルやサブフォルダがあるフォルダの場合、フォルダのコンテンツの初期読み込みに時間がかかることがあります。
  • 複数のユーザーが同じマシンで同時にBox Driveを実行することはできません。あるユーザーによってBox Driveが開かれると、そのユーザーが終了するまでは他のユーザーがBox Driveを立ち上げることはできません。 
  • ファイル名またはフォルダ名内にサポートされていない文字が含まれていると、Box Driveにコピーする際にエラーが表示されるなどの問題が発生します。
  • Box DriveからのBox Notesのコピーが失敗することがあります。この場合、コピー操作を再試行すると解決します。 
  • Box Driveの検索インターフェースから複数のPDFファイルを開こうとすると、エラーが発生することがあります。
  • 下記のリストにあるようなセキュリティ製品を使用していて、そのセキュリティ製品が「Box」フォルダのパスを使用してBox Driveのボリュームマウントを除外できない場合は、Box Driveで予期しない動作が生じることがあります。
    • BitDefender
    • Carbon Black Defense
    • Checkpoint Endpoint Encryption
    • Dell Data Protection
    • McAfee MOVE
    • Symantec DLP
  • Box Driveで日立ソリューションズ秘文を実行するとクラッシュします。Box Driveを機能させるには、この製品をアンインストールする必要があります。 
  • Box Driveは、次のアプリケーションやプログラムとは互換性がないため、予期しない動作が生じる場合があります。
    • Adobe Bridge - Adobe BridgeからBoxフォルダを開こうとすると、エラーが発生します。 
  • Box for Salesforceで作成したフォルダは、Box Driveを終了して再起動するまで表示されません。
  • オフラインの状態で、まだコンテンツが含まれていないBox Driveフォルダに新しいファイルやフォルダを追加すると、新しく追加したファイルやフォルダが非表示になります。  コンテンツは失われませんが、オンラインに戻るまで非表示のままです。
  • オフラインフォルダの子のオンライン専用フォルダは、名前が変更されると、意図せずオフラインアクセス用にマークされます。
  • Box Driveフォルダはネットワークドライブとしてマッピングできません。Box Driveは大量のログ(10GBより大きいデータ)を蓄積する場合があります。これが発生した場合は、Box Driveからログアウトしてください。ログアウトすると、Boxはこれらのログを削除します。

警告
Box Driveからログアウトすると、オフラインファイルは削除されます。また、どのフォルダをオフラインに設定したかを定義するオフライン設定も削除されます。

関連リンク

 

英語版はこちら
ID: 32099
バージョン履歴
改訂番号
16/16
最終更新:
‎05-06-2019 03:56 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)

More in this guide:


Go to Guide

オンラインユーザー数(3,708)