Box Drive管理者向け技術情報

この記事には、Box Driveがマシンに項目を保存する際に使用するディレクトリに関する情報、およびBox Driveのキャッシュに関する重要な詳細が記載されています。

 

Box Driveのディレクトリ(Box Driveがマシンに項目を保存する場所)

  • お客様の「Box」フォルダ:
    • Windows: C:\Users\<USERNAME>\Box
    • OS X: /Users/<USERNAME>/Box
  • ログ:
    • Windows: C:\Users\<USERNAME>\AppData\Local\Box\Box\logs
    • OS X: /Users/<USERNAME>/Library/Logs/Box/Box
  • Box Driveアプリケーション:
    • Windows: C:\Program Files\Box\Box\Box.exe
    • OS X: /Applications/Box.app
  • キャッシュフォルダ:
    • Windows: C:\Users\<USERNAME>\AppData\Local\Box\Box\cache
    • OS X: /Users/<USERNAME>/Library/Application Support/Box/Box/cache

ストレージ容量の確認

Boxアカウントについて確認する際はBoxフォルダのプロパティを使用しないでください。 

  • OS Xの場合、Boxフォルダの最大容量空き容量はMacintosh HDドライブと同じ値になります。
  • Windowsの場合、Boxフォルダの使用容量空き容量最大容量はC:\ドライブと同じ値になります。
    • Box Drive内にある任意のサブフォルダのプロパティ値に表示されるのは、コンピュータのC:ドライブ上で占有されている容量ではなく、Box.com上に表示されている値です。 

Box Driveが実際に占有しているローカルの容量を確認するには、Boxのキャッシュフォルダのプロパティを調べてください。

  • Windows: C:\Users\<USERNAME>\AppData\Local\Box\Box\cache
  • OS X: /Users/<USERNAME>/Library/Application Support/Box/Box/cache

 

キャッシュ情報と動作:

  • 自分の「Box」フォルダ内のファイルを開いた場合、Box Driveはそのファイルをキャッシュフォルダ(上記のフォルダの場所)にダウンロードして、ファイルを開きます。
  • Box Driveは、以下のいずれかの場合に、キャッシュされたオンラインのみのファイルを削除します。
    • Box上の同じファイルがBox上の新しいバージョンに更新された場合。  この場合、Box Driveのローカルでキャッシュされたファイルは最新ではないため削除されます。自分の「Box」フォルダからもう一度ファイルを開かない限り、Box Driveがそのファイルを再度ダウンロードすることはありません。
    • キャッシュサイズが上限値に達した場合。  この場合、最も長期間変更されていないキャッシュファイルから削除されます。
    • Box Driveからログアウトした場合。
  • Box Driveは、以下のいずれかの場合に、オフラインで利用可能なキャッシュされたファイルを削除します。
    • Box Driveからログアウトした場合。
  • Box Driveのキャッシュサイズ上限値は、ローカルディスクの空き容量の50%に設定されていますが、最大で25GB、最小で1GBとなっています。  この上限値は変更できます(以下の手順に従います)。 
    • オフラインアクセス用にマークされたファイルは、この上限値のカウント対象になりません。  残りの容量が2GBになるまでハードドライブをいっぱいにすることができます。
  • キャッシュサイズ上限値によって、Box Driveがキャッシュされたオンラインのみのファイルの削除を開始するタイミングが決まります。  Box Driveがキャッシュされたオンラインのみのファイルを削除できない場合は、この上限値を超えることもあります。この状況は、以下の場合に発生する可能性があります。
    • オンラインのみのファイルが変更後に一度もBoxにアップロードされていない
    • 他のプログラムがBox Driveのオンラインのみのファイルの削除を妨害している
  • キャッシュフォルダ内のファイルは使用または変更しないでください。  この変更によって、予期しない動作が生じる場合があります。必ず「Box」フォルダからコンテンツにアクセスしてしてください。 
  • Box Driveプログラムをアンインストールしても、キャッシュの暗号化や自動削除は行われません。キャッシュフォルダは、プログラムのアンインストール後に手動で削除できます。 
  • Box Driveからログアウトすると、キャッシュされているファイル(オフラインファイルやオフラインの環境設定を含む)とログファイルがすべてクリアされます。
  • Box Driveのキャッシュ機能を完全に無効にすることはできません。 
  • Box Driveで使用されているストレージの正確な容量については、Box Driveのキャッシュフォルダのサイズを確認してください。  代わりにBox Driveマウントのサイズを確認した場合は、Box Driveで使用されているストレージではなく、ハードドライブのストレージ容量が表示されます。

 

キャッシュ上限値の変更:

Box Driveのキャッシュサイズ上限値は25GBがデフォルトですが、以下のステップで変更できます。  上限値を5GB未満にすることはお勧めしません。  キャッシュサイズ上限値を大きく変更すると、エンドユーザーの操作性が低下することがあります。 
 
Windows:
  1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Box\Boxの下に、MaximumCacheSizeという名前のDWORDレジストリ値を追加します。
  2. MaximumCacheSizeの基数10進法に、Value dataには新しいキャッシュ上限値をGB単位の整数で入力します。
  3. 変更したら終了し、Box Driveを再起動します。
 
新しい上限値が、このマシンのすべてのWindowsユーザーに適用されます。Windowでのレジストリ変更について詳しくは、以下のサイトを参照してください: https://support.microsoft.com/en-us/help/310516/how-to-add--modify--or-delete-registry-subkeys-and-v...
 
元の上限値に戻すには、MaximumCacheSizeのレジストリ値を削除し、Box Driveを再起動します。
 
Mac:
  1. ターミナル開きます。
  2. 以下のコマンドを実行します。  Cache_Limit_Hereは新しい上限値(GB単位の整数値)に置き換えてください: 
    defaults write com.box.desktop MaximumCacheSize Cache_Limit_Here
  3. コマンドを実行したら終了し、Box Driveを再起動します。
新しい上限値は、コマンドを実行したMacユーザーにのみ適用されます。  このマシン上のすべてのMacユーザーに適用されるわけではありません。 
 
元の上限値に戻すには、ターミナルで以下のコマンドを実行し、Box Driveを再起動します。
defaults delete com.box.desktopMaximumCacheSize
 

検索のショートカットの無効化

検索のショートカットをすでに別のアプリケーションで使用していてBox Drive関連で適用したくない場合、Box Drive v2.5以降では、Boxのカスタム検索UIを起動するためにBox Driveで使用されているショートカットを無効にすることができます。  以下にその方法を示します。

 

Windows環境の場合

  1. HKEY_CURRENT_USER/Software/Box/Boxの下にGlobalHotKeyCharacterという名前のDWORDレジストリエントリを作成し、値を0に設定します。 
  2. Box Driveを再起動します。

 

Mac環境の場合

  1. com.box.desktop.uiの下にDisableSearchShortcutというブール値の環境設定を作成してtrueに設定します。  
    • これを行うには、ターミナルで次のコマンドを実行します。
    • defaults write com.box.desktop.ui DisableSearchShortcut -bool true
  2. Box Driveを再起動します。
 
関連リンク
 
 
英語版はこちら
ID: 37454
バージョン履歴
改訂番号
7/7
最終更新:
金曜日
更新者:
 
寄稿者: