Enterpriseの[コンテンツと共有]設定

[Enterprise 設定]の[コンテンツと共有]タブを使用して、ファイルのコラボレーションおよび共有で、管理対象のユーザーが使用できるさまざまなタイプの権限を有効または無効にできます。

 

共有リンク 

全ユーザーの共有リンクとデフォルトの設定をカスタマイズする方法については、「Enterprise設定: 共有リンク」を参照してください。

 

コラボレーションの制限

このセクションでは、自分または管理対象のユーザーのアカウント内のコンテンツにコラボレータを招待する際に、制限を設定する方法を説明します。詳細については、各権限レベルの詳しい説明を参照してください。
 

 

restrictOwnershipTransfer_Main.png

 

 
  • [招待を制限]: このオプションでは、コラボレータを招待できるユーザーを設定します。このオプションを有効にした場合、フォルダ/ファイルの所有者、共同所有者、管理者(共同管理者およびグループ管理者を含む)だけが、指定したフォルダにコラボレータを招待できます。
  • [招待リンクを有効にする]: この機能を有効にした場合、ユーザーは招待リンク経由でコラボレーションができます。
  • [グループ招待を有効にする]: このオプションを有効にすると、ユーザーはフォルダ内にグループを招待してコラボレーションできます。
  • [所有権の移管を制限する]: 管理者および共同管理者以外の、アカウント保有者が社内コンテンツの所有権を外部アカウントに移行できないように制限します。  [所有権の移管を制限する]を有効にすると、管理者および共同管理者以外の外部ユーザーおよび管理対象ユーザーには、以下の制限が適用されます。

    • テナントが所有するファイルとフォルダに対する所有者権限を、社外のユーザーに割り当てられなくなります
    • テナントが所有するファイルとフォルダを外部ユーザーが所有するフォルダに移動できなくなります
  • 外部コラボレーション:
    • [外部コラボレーション]: 有効化すると、ユーザーは、社外のユーザーとコラボレーションができます。
    • [コラボレーションをホワイトリストに登録済みのドメインのみに制限します]: Box Governanceをご利用の場合、コラボレーションを、承認されたドメイン(ホワイトリストに登録済みのドメイン)のみに制限できます。このGovernance機能は通常のBox UIとBox APIの両方から使用可能です。ホワイトリストのドメインを有効にするには、次の手順に従います。 
      • ボタンをクリックして有効にします。
      • [ホワイトリストを管理]をクリックします。
      • [コラボレーションホワイトリスト]のポップアップウィンドウが表示されたら、ホワイトリストに追加する特定のドメインを入力します。特定の構文を使用して、アウトバウンドまたはインバウンドコラボレーションのみを許可することもできます。アウトバウンドコラボレーションとは、社外ユーザーが所有しているコンテンツに対して、社内ユーザーがコラボレーションを行うことです。インバウンドコラボレーションとは、テナントによって所有されているコンテンツに対して、社外ユーザーがコラボレーションを行うことです。 インバウンドコラボレーションを許可するには、[+]記号を使用し、アウトバウンドコラボレーションを許可するには、[-]記号を使用します。すべてのドメインを含めるには、[*]を使用します。
      • 以下の例を参考にしてください:
        • すべてのインバウンドコラボレーションを許可し、アウトバウンドコラボレーションを許可しない: "+*"
        • すべてのアウトバウンドコラボレーションを許可し、会社Aとのインバウンドコラボレーションのみを許可する: "-*" "companya.com"
    • [例外ユーザー]: ホワイトリストに設定されていないドメインであっても、特定のユーザーに対してのみ、外部とコラボレーションを許可することができます。この権限を付与するには、[例外ユーザー]の下のボックスに選択したユーザーの名前または電子メールアドレスを入力するだけです。
  • [外部コラボレータの招待]: テナントが所有するコンテンツに、外部コラボレータが他の外部コラボレータを招待すること、および他の外部コラボレータの権限レベルを上げることを制限できます。

 

コラボレーションの制限に関する注意: 

  • 外部コラボレーションホワイトリスト機能は、Governanceパッケージをご利用の場合のみ使用可能です。 
  • コラボレーションの制限は、企業、ユーザー、およびフォルダレベルで設定できます。常に、その時点で最も制限の厳しい設定が使用されます。例えば、企業で100ドメインのコラボレーションを許可し、企業内のユーザーが特定のフォルダのコラボレータの制限を厳しくした場合、そのフォルダには制限がより厳しいユーザーの設定が適用されます。  

 

コンテンツの作成

  • [コンテンツ作成を制限する]: 管理者以外の管理対象ユーザーが、自分の[すべてのファイルとフォルダ]セクションでフォルダを作成できないようにします。このオプションは、アカウント全体のフォルダ構造を作成し、この構造にユーザーを招待する場合に使用します。
  • [タグの作成を制限する]: アカウント内のファイルにタグを作成できるユーザーを設定できます。設定できるのは、「タグ権限を持つすべてのユーザー」(編集者以上)、フォルダ所有者/共同所有者と管理者、管理者のみのいずれかです。

contentCreation.png

 

自動有効期限切れ

 

  • [共有リンクを自動的に無効にする]: アカウント内で生成されたすべての共有リンクに有効期限を自動設定できます。有効期限が過ぎた共有リンクにはアクセスできません。
    : 会社の共有リンクに設定した自動有効期限は、有効期限が現在設定されていないリンクにのみ適用されます。ここでの設定によって、共有リンクにすでに設定されている有効期限が上書きされることはありません。また、この機能を無効にしても、共有リンクにすでに設定されている有効期限は削除されません
  • [招待したコラボレータを自動的に削除する]: コラボレーションを制限します。指定した日数が経過した後、テナントが所有するフォルダからユーザーを削除します。
    注: 社内のコラボレータの自動有効期限は、さかのぼって設定することはできません。コラボレーションの有効期限を追加した場合は、設定が有効になった後に追加されたコラボレータのみに有効期限が適用されます。

 

設定を保存するには、[保存]を選択します。

 

 

英語版はこちら

ID:174

バージョン履歴
改訂番号
17/17
最終更新:
‎03-06-2019 04:17 PM
更新者:
 
寄稿者:
タグ(1)

オンラインユーザー数(813)