大規模の導入: Box Sync

この記事では、多数のコンピュータにBox Syncを導入したい管理者向けの重要な手順と考慮事項を説明しています。
 

 

Windows

Box Syncのインストールは、適切なBox Sync MSIをダウンロードして実行することで行えます。MSIを実行する前に、下記の対応する前提条件をインストールしてください。

 

Box Sync 32ビットMSI

前提条件:
サイレントMSIインストールの詳細については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa372024(v=vs.85).aspxを参照してください。

  

Mac

管理者は、Macユーザー用にBox Sync DMGファイルをネットワーク内にインストールできます。
 
展開場所はbootstrapperインストールによって異なります。/Library/PrivilegedHelperTools/ディレクトリを表示し、com.box.sync.bootstrapper bootstrapperがインストールされているかどうかを確認してください。
 
bootstrapperがユーザーのシステムにすでにインストールされていれば、ユーザーは管理者アクセスがなくてもBox Sync DMGファイルをいつでもダウンロードして実行できます。

bootstrapperがユーザーのシステムにインストールされていない場合は、次の手順に従います。
  1. アプリケーションバンドルをユーザーのマシンの適切なインストール場所にコピーします。
  2. bootstrapperをアプリケーションバンドルから/Library/PrivilegedHelperTools/にコピーします。
  3. ルートレベルで次のコマンドを実行します。sudo <バンドルへのパス>/Contents/Resources/com.box.sync.bootstrapper --install

 

Box Sync導入の長期サポート(LTS)インストーラ

このバージョンのBox Syncインストーラは、長期使用のためインストーラを保存する管理者用に設計されています。新しいBox Syncのリリースごとに、最新バージョンのBox Syncが発売されると、当社はこの長期サポートインストーラ(LTSインストーラ)が正しくアップグレードされることを確認します。 新しいバージョンのLTSインストーラは、必要に応じてリリースされます。 新しいLTSインストーラのリリースに先立って通知がありますので、必要に応じて調整を行ってください。 
 
MSIを保存し、後日使用する予定がある場合、またはディスクイメージを準備する場合は、以下のリンクから長期サポートインストーラを使用することを推奨します。
 
Windowsの場合:
 
Macの場合:

Box Sync Mac用LTSインストーラ(v4.0.7901)

 

英語版はこちら

ID:6455

バージョン履歴
改訂番号
7/7
最終更新:
‎04-08-2018 10:22 AM
更新者:
Anonymous
 
ラベル(5)
寄稿者:
タグ(1)