Box ToolsとBox Editの違い

 

Box Toolsは、Box EditとDevice Trustの両方の機能をインストールするためのインストーラパッケージです。Device Trustコンポーネントは、ご利用のBoxアカウントに対して有効になっている場合のみ使用できます。

WindowsでのBox Toolsの導入

 
ここで説明する情報は、物理的なWindows環境を対象としています。 仮想環境でのBoxデスクトップアプリケーションの使用については、「仮想環境でのBoxの使用」を参照してください。

シングルユーザー用とマシン全体用のインストールの違い

 
Box Toolsには、シングルユーザー用とマシン全体用の2種類があります。機能はどちらも同じですが、プログラムのインストール場所とサポートされる設定が異なります。

シングルユーザー 

https://www.box.com/resources/downloadsから入手可能なBox Toolsの標準の.exeインストーラでは、ユーザーのプロファイルの下にBox Toolsがインストールされます。このインストーラはシングルユーザーマシンでのみ使用します。シングルユーザー用の.exeインストーラでは、管理者権限を必要とせず、エンドユーザーが簡単にインストールを行えます。
 
シングルユーザーバージョンは、次の場所にインストールされます。
  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Box\Box Edit
  • C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Box\Box Local Com Server

Box Toolsを大規模に導入する場合、シングルユーザー用のインストールはお勧めしません

シングルユーザー用のインストールでは、Box Edit.exeBox Local Com Service.exeの両方をエンドユーザー権限で実行する必要があります。

 

マシン全体 

マシン全体用の.msiインストーラでは、Box Toolsがマシン全体用のプログラムとしてインストールされます。このインストーラはマルチユーザーマシンをサポートします。.msiインストーラによってBox Toolsがインストールされたマシンのユーザーは誰でもBox Tools機能(Box EditとDevice Trust)を使用できます。マシン全体用のインストーラでBox Toolsをインストールするには、管理者権限が必要です。

 

マシン全体バージョンをインストールした後は、Box Editを有効にするために、ユーザーはWindowsをログアウトしてログインし直す必要があります。

 

マシン全体バージョンは、次の場所にインストールされます。

  • C:\Program Files (x86)\Box\Box Edit
  • C:\Program Files (x86)\Box\Box Local Com Server

 

Box Toolsを大規模に導入する場合、マシン全体用のインストーラの使用をお勧めします。

マシン全体用のインストールでは、Box Edit.exeをエンドユーザー権限で実行し、Box Local Com Windows Service.exeをSYSTEMユーザー権限でWindowsサービスとして実行する必要があります。

 

システムイメージの展開

システムイメージを使用してBox Editを展開する場合は、ソースマシンのBox Edit Documentsフォルダ(C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Box\Box Edit\Documents)が空であることを確認してからイメージを取得してください。
 

Mac OSでのBox Editの導入

 Box ToolsのMacインストーラは、Mac導入ツールで使用できます。

 
インストールの前に、インストーラが必要なアンインストールを行い、Box Editで問題が生じる可能性のある旧式のプラグインと.appファイルを削除します。続いてインストーラは「~/Library/Application Support/Box/Box Edit/」フォルダを作成し、.appファイルの「Box Edit.app」と「Box Local Com Server.app」をそのディレクトリに追加します。
 
その後に両方の.appファイルが起動され、どちらも実行されていることが確認してから、インストールを終了します。.appファイルは、実行対象のユーザーのログイン時に起動するように自動で登録されます。
 

 ユーザーに対して.appファイルが開始しないと、ウェブアプリはBox Editがインストールされていることを確認できず、ユーザーがファイルを編集するときにBox Editをインストールするように指示が出ます。

 

Casper Suite以外の導入ツールを使用する場合や、カスタムインストーラを使用してBox Editを導入する場合は、2つの.appファイルが適切なディレクトリに配置されていることを確認し、(そのマシンにログインするユーザーとして)これらの実行を開始するか、ログイン時に実行を開始するように設定をしてください。

 

Box ToolsのDNSプロキシ、ブラウザの設定に関するガイドライン

 

Box Toolsは、ブラウザ(Box.com)とデスクトップとの接続にループバックネットワークインターフェイスを使用します。このインターフェイスでは、Box Toolsがサポートされるようにネットワークを設定する必要があります。

以下で説明する設定に加えて、Internet Explorerでの設定がさらに必要になることがあります。

 

Box Tools v4:

Box Tools v4では、HTTP経由で127.0.0.1:17223 (ポート17223が占有されている場合は127.0.0.1:17224)にリクエストすることによってブラウザ(Box.com)がBox Local Com Serverと通信できる必要があります。HTTP経由で127.0.0.1と通信する機能は、以下のw3c標準によって容認されています。
 
DNS: 
Box Tools v4は127.0.0.1のループバックアドレスを使用するため、Box Tools用にDNSを設定する必要はありません。
 
プロキシ: 
プロキシ設定がPACファイルまたはwpad.datファイルで指定されている(PACファイルがDNS WPAD検出によってパブリッシュされている)場合は、http://127.0.0.1:17223およびhttp://127.0.0.1:17224へのリクエストに DIRECTへの接続を許可する必要があります。
 
PACファイルのコード例: 
 
// If the protocol or URL matches, send direct.
if (shExpMatch(url, "http://127.0.0.1:17223") || shExpMatch(url, "http://127.0.0.1:17224"))
        return "DIRECT";
 

注:DIRECT」はすべて大文字にします。

または、127.0.0.1リクエストのプロキシをバイパスするようにオペレーティングシステムを設定することもできます。
 
Windows: 
  1. コントロールパネル > [インターネットオプション] > [接続] > [LANの設定](または選択した接続の[設定] )を選択します。
  2. [ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない]チェックボックスをオンにします。

bypass proxy.png

 
Mac:
  1. [システム環境設定] > [ネットワーク] >自分の接続> [詳細] > [プロキシ]を選択します。
  2. [プロキシ設定を使用しないホストとドメイン]のボックスに「127.0.0.1」を追加します。
bypass proxy mac.png
 (Mac OS 10.11.6のスクリーンショット) 

 

Box Tools v3: 

 

Box Tools v3では、特別なドメイン(edit.boxlocalhost.com)を使用して、ブラウザとデスクトップとの間にループバックネットワークインターフェイス接続を作成しています。このインターフェースがDNS、プロキシ、その他ネットワークアクセスの構成と競合する場合があります。
 
Box Tools v3で問題が生じる場合は、ユーザーのネットワークでブラウザがboxlocalhost.comドメインに到達できる(解決先が127.0.0.1である)ことを確認してください。
 
以下は、DNSとプロキシを構成するための要件と推奨メカニズムの一覧です。

注: Internet Explorerでは、Box Editを機能させるために追加構成が必要になる場合があります。詳細については、Box Edit Internet Explorer設定ガイド」を参照してください。

 
DNS: 

DNS応答をフィルタまたは選択的にキャッシュするネットワークシステムの場合:

  • ドメイン*.boxlocalhost.comの127.0.0.1への解決を許可する必要があります。
  • ワイルドカードが使えない場合は、edit.boxlocalhost.comの127.0.0.1への解決を許可する必要があります。

プロキシ: 

プロキシ構成をPACファイルまたはwpad.datファイルにより指定(PACファイルをDNS WPAD検出によりパブリッシュ)する場合は、ドメイン*.boxlocalhost.comDIRECTへの接続を許可してください。

 

PACファイルのコード例: 

 

// If the protocol or URL matches, send direct.

if (url.substring(0, 6)=="https:" && shExpMatch(url, ".boxlocalhost.com"))

        return "DIRECT";

 

注:「Direct」はすべて大文字:DIRECT

プロキシの構成にPAC/WPADファイルを使用せず、OSのDIRECT構成を使用する場合:

 

Windows: *.boxlocalhost.comの例外を追加 

  1. コントロールパネル> [インターネットオプション] > [接続] > [LANの設定](または選択した接続の[設定])を選択します。
  2. *.boxlocalhost.comを[Do not use proxy server for addresses beginning with (次で始まるアドレスにはプロキシを使用しない)]の下のボックスに追加します。

 

 
Mac: *.boxlocalhost.comの例外を追加 
  1. [システム環境設定] > [ネットワーク] >自分の接続> [詳細] > [プロキシ]を選択します。
  2. *.boxlocalhost.com[プロキシ設定を使用しないホストとドメイン]に追加します。
(OS X 10.10.3のスクリーンショット) 
 
英語版はこちら
ID: 6591