会社用のごみ箱の設定をカスタマイズする

[管理コンソール]から、会社の要件に対して最適となるよう、企業のごみ箱の設定をカスタマイズできます。 これらの設定は、[エンタープライズ設定 ]の[コンテンツと共有]タブにあります。

 

  1. ごみ箱は[有効化]または[無効化]できます(設定はデフォルトで有効)。ごみ箱を有効にすると、ユーザーごとに固有のゴミ箱フォルダが提供されます。ユーザーが項目を誤って削除しても回復できるため、この設定を推奨します。ユーザーのごみ箱を無効化すると、すべてのコンテンツが、最初に削除されたときにアカウントから完全に削除されます。
  2. ごみ箱の内容を完全に削除できるユーザーを選択できます。 [すべてのユーザー]、[管理者のみ]、[管理者または共同管理者のみ]、[なし]から選択します。この制限を設定した場合でも、すべてのユーザーが項目をごみ箱に移動できますが、完全に削除できるのは許可されたロールのユーザーだけです。 
     : この機能は、Governanceパッケージの一部としてのみ利用可能な機能です。
  3. 管理対象のユーザーのアカウントのごみ箱にアイテムを残す期間を設定できます。この期間が過ぎると、アイテムは完全に削除されます。  この期間設定を変更しても、すでにごみ箱に入っている項目には新しい期間は適用されません。

adminConsoleTrash.png

 

すべての変更を保存するには、最下部の[保存]ボタンをクリックします。

 

英語版はこちら

ID: 217

バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎01-15-2019 07:32 PM
更新者:
 
寄稿者: