フォルダへのグループの招待

フォルダにグループを招待する設定が、他のフォルダコラボレーション制限よりも優先されることはありません。また、この設定が適用されるのはEnterpriseアカウントとBusinessアカウントのみになります。

 

この機能が有効な場合、エンドユーザーは企業が所有しているフォルダに、同じ企業内のグループを招待できます。フォルダとグループは、この企業に属している必要があります

 

グループを招待するには:

  1. グループ名を入力し、グループのオートコンプリート結果を確認します。
  2. グループを選択します。
  3. 選択内容を[保存]します。

グループコラボレーションフォルダを社外に転送すると、すべてのグループコラボレーションが削除されます。

 

前提条件

エンドユーザーが社内のフォルダにグループを招待するには、会社の管理者が管理コンソール([Enterprise設定] > [コンテンツと共有] > [コンテンツのコラボレーション]セクション)で[グループ招待を有効にする]チェックボックスをオンにする必要があります。この設定は、デフォルトで有効になっています。

 

 

管理者は、個々のグループを共有フォルダに招待できるユーザーを細かく管理できます。共有フォルダへの特定グループの招待をエンドユーザーに許可するには、管理コンソールでグループの設定に移動します([ユーザーとグループ] > [グループ] > [グループの選択])。[詳細]セクションで[編集]をクリックし、[権限設定][会社]が選択されていることを確認します。

 

 

管理者は、管理コンソールの[共有連絡先]チェックボックスをオンにする必要もあります([ユーザーとグループ] > [管理対象ユーザー] > [ユーザーを選択] > [ユーザーアクセス権限を編集]セクション)。この設定は新しいユーザーが作成されるとデフォルトで有効になりますが、ユーザー単位で有効/無効にすることもできます。

 

 

その他の参照

英語版はこちら

ID:  190

バージョン履歴
改訂番号
8/8
最終更新:
‎04-03-2018 12:12 PM
更新者:
Anonymous
 
ラベル(2)
寄稿者: