ストレージの空き容量がありません。

管理者は、企業内のそれぞれの特定アカウントに割り当てられるストレージ容量に対して制限を設定できます。 ユーザーはこの制限を遵守する必要があります。 さまざまな状況で、項目を削除した後でもユーザーに引き続きこの問題が発生することがあります。
 

問題: ユーザーが項目を削除しても、次のエラーが表示されます。

 
fyeqbewqnijd7m49tcpfehite3545er3
 

原因: ユーザーがファイル/フォルダを削除しても、それらはごみ箱に残っています。

** 注: 削除した項目は、回復してユーザーのアカウントに戻すことができるので、引き続きユーザーのストレージへとカウントされます。 ユーザーはごみ箱も空にする必要があります。**
 
解決方法: ユーザーに次の操作を依頼します: メインのBoxページに移動し、右上の名前をクリックし、[ごみ箱]をクリックし、[自分が所有している項目]で並べ替えて削除します。 この操作が完了すると、スペースが解放されます。Box 2番目のオプションは、割り当てられるストレージの容量を増やすように管理者に依頼することです。
 
問題: ユーザーがフォルダでコラボレーションを行っているときに、以下のエラーメッセージが表示されます。
 
6h0bsadkb7put8fpobt5ljawd02qyzzt
 
原因: フォルダの所有者が、アカウントで十分な容量を持っていません。 
解決方法: フォルダの所有者が、Boxアカウントとごみ箱からコンテンツを削除するか、容量を増やすように管理者に依頼する必要があります。 エンドユーザーはこれ以上何もできません。 問題が解決しない場合は、Box担当者にお問い合わせください。
 
英語版はこちら
ID:29717                         
 
 
バージョン履歴
改訂番号
6/6
最終更新:
‎03-04-2018 04:22 PM
更新者:
Anonymous
 
寄稿者:
タグ(1)

More in this guide:


Go to Guide

オンラインユーザー数(582)